トップページ > ふるさと応援寄付(ふるさと納税)とは?

ふるさと応援寄付(ふるさと納税)とは?

あなたの好きな地域に、いつでも、どこからでもできる寄付制度です。


「生まれ育ったふるさとを大切にしたい」「忘れられない大切な思い出の場所である」、または「記念品がとっても気に入った」「縁もゆかりもないがその地域を応援したい」など、動機は様々。寄付先はあなたの自由に選択できます。
 ふるさと納税とは、いわゆる自治体への寄付金のこと。自分が住んでいる自治体に納める個人住民税の一部を、出身地や応援したい地方自治体に寄付という形で納めることができる制度です。
 個人が2,000円以上の寄付を行ったときに、控除手続き(確定申告)を行えば、その2,000円を超える部分が、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。


※控除対象となる額には限度額があります。限度額は所得や家族構成によって異なります。

※控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、原則、確定申告を行うことが必要です。ただし、確定申告が不要な給与所得者等については、ワンストップ特例制度の手続きを行うことで控除を受けられる場合があります。


 また、使い道をあなたの使って欲しいものに選択でき、さらに、お礼の品に地元特産の記念品が届くという、とてもワクワクする制度です。

行橋市はこのふるさと応援寄付を通して、
故郷である行橋を遠くの場所から応援していくれる方
行橋市を始めて知って親しみをもっていただいた方
行橋市に魅力を感じ応援してくれる方
その他多くの方々に、今後も行橋市を応援していただけるように、寄付金を有効活用した地域づくりを行っていきたいと思っています。